鳩撃退に効果の高いとされているネットを使う

電気ショックは鳩撃退効果が高い上に安全! 電気ショックは鳩撃退効果が高い上に安全!

屋根の鳩被害を防ぐには~専用の鳩撃退グッズを使おう~

網

ソーラーパネルを鳩から守るには、ネットを使うなどの対策が必須になります。市販では、ソーラーパネルを守るためのネットが販売されています。簡単に入手出来るので、1度購入してみましょう。ここではネットの取り付け方法などを紹介しています。

屋根を鳩の被害から守るためには

鳩から屋根とソーラーパネルを守るなら、防鳥ネットを使用するのが良いでしょう。ソーラーパネル対策専用のネットがあります。市販でも販売されているので、入手するのも簡単です。このソーラーパネル専用のネットには取付具や接着剤など、必要なものがすべて揃っています。ですから自分でネットを張ることも出来るのです。しかしネットを張る場所は屋根です。高さもあり危険なため、自分でネットを張る場合は無理をしないようにすると良いでしょう。業者に依頼すれば、安全に鳩から屋根やソーラーパネルを守るためのネットを張ってくれます。

屋根用ネットの取り付け方法

設置場所を綺麗にする

ソーラーパネルを守るためにネットを張りましょう。まずネットの他にも、手袋やハサミなどを用意します。ネットを設置するためにも、接着剤を塗る箇所を綺麗に掃除しておきましょう。綺麗に掃除することによって、埃を取り除くことが出来るので、接着剤がくっつきやすくなります。

接着剤を塗る

接着剤を掃除した場所に塗りつけます。接着剤は硬化する時間が早いので、自分の作業スピードに合わせてから、練り混ぜるようにすると良いでしょう。ネットを張るためのフックが、簡単に取れないようにしっかりと接着することを意識して、取り付けるようにしてください。

ロープでネット同士を繋ぐ

しっかりとフックを接着剤で接着することが出来たら、次はネットをフックに引っ掛けましょう。フックに引っ掛ける際は、ちゃんとネットが張るように引っ掛けるのがポイントです。引っ掛け終わったら、余ったネットをハサミで切りましょう。ネットに隙間が空いていれば、ロープを使いネット同士の繋隙間をなくせば完璧です。

TOPボタン